2015年8月26日水曜日

聖地巡礼:古月堂(軽井沢シンドローム)

というわけで、私が現在軽井沢に住んでいるのも、堀辰雄が好きなのも、松田聖子の曲で一番「風立ちぬ」が好きなのもすべて1980年台に一世を風靡したコミックス「軽井沢シンドローム」の影響な今日このごろ、たいへんです!こっちに越してきてまだ一度も聖地古月堂に行ってません!



ちょっと前にMFさんのブログで古月堂の話が頻繁に出てきていて、あー久々に行きたいなーとか思ってたわけですが、思い起こしてみると最後に行ったのは結婚前!
ずいぶんご無沙汰だったわけで、久々に「浅間の大爆発」食べに行くかってことで十数年ぶりの聖地巡礼であります!(`・ω・´)ゞ


軽井沢シンドロームで主人公たちのたまり場になっていた喫茶店「ら・くか」のモデルになったのが古月堂で第1巻1話から舞台として登場、物語な主要な舞台になっております。

作者たがみセンセイ作成の軽井沢まっぷには「古月堂さん」と紹介されてます。



30数年を経て健在であります!(゚∀゚)
作中の「ら・くか」は通年営業ですが、古月堂さんは夏季のみの営業ではありますが

店の逆側もオリジナル通りです



というわけで久々の入店ですが、懐かしい!
そうだ、なんか切符とか定期?とか写真とか壁どころか天井にまでペタペタ(^^;)

色あせてしまってますが軽シンの久美子とノンですね~
この色紙、書かれたのは1981年!中学2年でしたわ…(ΦωΦ)

人間カリフラワーwwwこれは純生ですね~(ΦωΦ) 
一番好きというか思い入れがあったキャラ

御大たがみセンセの当時の写真!若い!
ダンス☆マンじゃないよ・・・(ΦωΦ;)


メニュー表紙は軽シンのキャラクター
いない人も何人かいるが(ΦωΦ)匡クンとか田口のオッサンとか

逆側はたがみセンセと奥さんかな・・・
もしくは古月堂のマスターと奥さん? 今度聞いてみよう・・・

というわけで、昼食時入店だったんでハムとキウリのサンドイッチとツナピラフを注文。
おいしい!価格も良心的だし!(゚∀゚)

奥さんは浅間の大爆発!という名前のパフェ(゚∀゚)
コーンフレークにアイスクリーム、チョコ(トッピング)というシンプルな構成ですが
生クリームと使ってないのでパクパクイケます!
底の方は牛乳?と溶けたアイスで食感が違うので飽きませんね~(ΦωΦ)


そんなかんじで十数年ぶりの聖地巡礼だったわけですが、久々に軽シン分を補充しました!
当時を懐かしみながら軽井沢シンドロームまた読み返してる今日このごろです!
















0 件のコメント:

コメントを投稿